レンズとセットで

レンズ高価なカメラには、レンズをはじめとしていろんな付属品が付いているものです。カメラマニアと呼ばれる人達は、一式そろえている場合があります。すべてそろえて買い取ってもらうと、カメラ単体で持ち込むよりも高値がつきやすくなるでしょう。

カメラで重要なのはレンズですから、レンズの種類がいろいろそろっていれば、一つ一つにつき値段がつきます。保存状態さえ良ければ、本体よりもレンズの方に高値がつくこともあるようです。レンズをお持ちの場合は、本体に付けて一式買い取ってもらいましょう。数が多い場合は、出張対応を行っているカメラ買取の専門店に依頼すれば、自宅に査定スタッフが来て鑑定してもらえます。

レンズのどんな部分が査定対象になるかですが、レンズにカビがついている場合や曇りがある場合です。お手入れをマメに行っていて、保存状態が良ければカビが生えたり、曇りが出るようなことはないでしょう。カメラを湿度の高い場所に置いておくと、カビが生えやすくなります。レンズにもケースがありますから、ケースに入れて乾燥材を入れて保存すると湿気を防ぐことができます。レンズを持ち込む場合は、できるだけキレイな状態で持ち込んでください。そうすれば、本体以上に高値がつく可能性があります。

カメラの保存状態

カメラの保存状態によって、買取価格が大きく異なってきます。一番高値で売れるのは、新品未使用状態で箱や取り扱い説明書などの付属品が、すべて付いている状態のカメラです。一般的に、カメラは新しいものほど高値がつきます。ただ、中古品は買い取る人によりますから、珍しい機種で上位機種だった場合は、古くても高値で売れることがあるようです。

カメラ数回使用していれば、キズがなくキレイな状態だったとしても、「中古カメラ」となってしまいます。しかし、購入する人にとっては、この程度の品質のものはお買い得でしょう。ただし、カメラの保存状態は見た目だけではわかりません。表面はキレイでも、写りが悪かったり、動作に問題がある場合はカメラとして使えないことになります。

カメラの買取専門店では、査定を行う際に動作確認も含めて保存状態の確認を行っているようです。デジタルカメラは、査定に持ち込む前に充電しておくと、スムーズに鑑定してもらえます。

全体的に使用感があり、キズや汚れが目立つ場合は、値段がつくだけマシな状態です。査定で売り物にならないと判断されれば、買い取ってもらえないこともあります。その場合は、家に持ち帰るか、お店側で処分してもらうことになるでしょう。

カメラの査定

カメラの買取専門店では、買取り前に査定を行っていますが、カメラのメーカーや機種、保存状態などによって買取価格に差がつきます。カメラのメーカーや機種などについては仕方がありませんけど、保存状態は売り手が努力できる部分です。

カメラを売る前にキレイにお手入れしておくと、買取価格が上がるようです。カメラを持ったときにベタついたり、汚れが目立つ場合は、お掃除してから売りに出した方が良いでしょう。また、付属品の有無も、買取価格に反映されますから、取り扱い説明書や買ったときに入っていた箱などがある場合は、一緒に付けて持ち込みましょう。

段ボールカメラの査定は店頭でも行っていますが、出張買取りや宅配買取りなども選べます。カメラの買取専門店が自宅の近くにある場合は、直接持ち込んで査定してもらった方がいいです。出張買取りは、カメラの点数が多い場合やお店が遠い場合などに便利です。宅配買取りは忙しい人にいいかもしれませんけど、配送料がかかります。送料無料のところもありますが、売れずに返品してもらう際には、返送料が自己負担になります。まったく値段がつかない場合もありますから、その場合は処分してもらうことも考えておきましょう。